カテゴリー別アーカイブ: 運動法

太ももダイエット方法運動の基本は大腿の筋肉を鍛えること

太ももダイエット方法運動の基本は、大腿の筋肉を鍛えることにあります。大腿四頭筋を中心に鍛えるために、スクワットを自宅で頻繁に行う必要があります。脂肪を燃焼させながら筋肉も鍛える必要がありますから、有酸素運動と無酸素運動を交互に取り入れることが大切です。ダンベルなどを持ち上げながらスクワットをすると、通常よりも負荷が大きくなって大腿部の筋肉を効果的に鍛えることができます。

太ももダイエット方法運動を行っている期間には、食事にも気をつける必要があります。筋肉を鍛えるために、高タンパクで低脂肪の食材を利用することがおすすめです。大豆食品や鶏のささみ肉などからタンパク質を摂取して、麦飯などから酵素や食物繊維を摂取すると太ももダイエット方法運動の効果も推進できます。代謝酵素を摂取しておけば、食べ物が素早くエネルギーに変わるため、脂肪として残りにくくなります。

太ももダイエット方法運動が正しいものであれば、インナーマッスルも鍛えて基礎代謝量が増加しやすくなります。深層筋まで鍛えることは簡単ではありませんが、コツを掴んでしまえば大丈夫です。最初はエクササイズの教本などを読んで、運動時の筋肉の動きを調べることが大切です。

ベルタ酵素

下半身ダイエットの効果が高い有酸素運動の方法

下半身ダイエットの効果が高い有酸素運動の方法を知ることで、途中で挫折することを防げます。自転車でサイクリングをする場合には、走行距離が10kmから20kmになる時点で脂肪を燃焼する段階へと至ります。あまりに短い距離では、血中の糖分が消費されるだけで終わってしまいます。自転車で下半身ダイエットをする場合には、ギアを軽くしてケイデンスを増やすことが欠かせません。重たいギアで短距離だけ走るようでは、無酸素運動になってしまいます。

ウォーキングであれば、3kmから5kmほどの距離を歩いた時点で本格的な脂肪燃焼の段階に移行します。脂肪燃焼の段階までにどれだけの運動をすればいいかについては、個人差もあるのが現実です。いずれにしても、息が苦しくならない程度の運動強度で、長く持続して行うことが基本になります。心拍数が上がりすぎるほどの運動強度では、無酸素運動となって脂肪が燃焼されずに筋肉が発達します。

水泳も有酸素運動の一つで、サイクリングとともに足腰への負担が少ないのが利点です。水泳を毎日のように行うことは難しいはずですから、サイクリングと組み合わせて実践すると効果的です。家の中で体操を持続可能な強度で行うことでも、下半身ダイエットのためになります。

    下半身ダイエット

下半身ダイエットに効果があるスクワットの方法

少々の食事制限や、マッサージなどで揉み出しをするだけではなかなか痩せることができない下半身は、脂肪がつきやすい部分でもあり、ダイエットしてもなかなか痩せることができない部分なので、ダイエットしても自分が思うように痩せないと悩んでいる人も多いものです。
また、下半身と上半身のバランスが悪いことでコンプレックスに感じたりすることもあり、自分に自信が持てないという人もいるでしょう。
多くの雑誌やネット上では多くの下半身ダイエットが紹介されていますが、その種類も無数にあるのでどれを試して良いのかもわからないものです。
最も効果的で自宅でも簡単にできる下半身ダイエットの方法はスクワットにあります。
スクワットを行うことで太ももはもちろん、ヒップアップにも効果的なのでスッキリとした下半身に変わることが可能です。
方法としては、肩幅の広さに両脚を広げて足のつま先はやや外側を向けます。
これがスタートポジションの姿勢であり、そこからゆっくり腰を落としていくのですが背筋を伸ばさないと腰を痛めてしまう原因にもなりますので、背筋を伸ばすことを意識しながら行います。
これを1日15回、3セット行うことでメリハリのある脚になることができますが、慣れないうちは無理のない範囲で行うことをおすすめします。

    メタボ解消