全身におよぶひどいむくみは病気のサイン?

立ち仕事や座りっぱなしの仕事をしていると足がむくんでしまう事があります。
特に女性は筋肉量が少なく冷え症の人も多いので、むくみに悩む人も少なくありません。
足や顔などは特にむくみを感じやすい部位で、マッサージしたり寝ておきると治まるような一過性ものがほとんどです。
血流やリンパ液の流れを阻害しないように、同じ姿勢はさけ座ったままの状態でも足先やふくらはぎを常に動かすように意識することで緩和します。
また冷えも血流を悪くするので体を冷やさないようにします。
しかし、足や顔だけでなく、まぶたや指など全身のいたるところにむくんできたら、それは病気かも知れないので注意が必要です。
ひどいむくみの症状で考えられるものとして腎臓の機能の低下があります。
腎臓の機能が低下すると、体の中に体液が溜まってきます。
その溜まった体液が血管の外にも多くなりむくみが起こってきます。
腎臓は老廃物の排出に関係がありますので、症状はそれ以外にもトイレの回数が増えたり、尿の色に変化がある場合もあります。
腎臓以外でも、心臓や肝臓、橋本病、パセドウ病などもむくみの症状がでることがあります。
通常の一過性のものではないと感じたら病院で診察してもらうことも大切です。

    ふくらはぎむくみ