カテゴリー別アーカイブ: むくみ

ふくらはぎのむくみはオイルですっきりさせよう!

誰しもが経験のあるむくみ。
比較的女性に多いと言われるこのむくみは、何時間も同じ姿勢で過ごしたり、運動不足や睡眠不足、冷え症などさまざまな原因で起こると言われています。夕方になると、なんだか足が重いと感じることがありますよね。それが、まさしくむくみです。

これはリンパが詰まっている状態になっているために起こるものなので、促してあげる必要があるのです。
一日の疲れを翌日に持ち越さず、むくみ共に解消したい。そんな時こそ、むくみオイルですっきりしましょう。
むくみ解消にはマッサージをすると効果的と言われています。お風呂に入った後など、体を温めた状態でマッサージをするのが一番です。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれる程、大切な部分でもあります。滞った血液を心臓に送り返す働きがあるので、ふくらはぎの冷えを解消する事により、むくみも改善されるという仕組みになっています。
むくみ解消のマッサージに欠かせないのがマッサージオイルです。今では様々なオイルが登場していますが、自分好みのオイルで、毎日、楽しくリンパマッサージを続けられるのが理想的ですよね。
綺麗になる自分を楽しみながら、これであなたもむくみオイルでむくみ知らず。

ふくらはぎ痩せ

むくみ対策靴下を履くときのポイント

最近はむくみ解消のための専用靴下が販売されていますが、それを着用して症状を緩和させている人もいます。
主に着圧ソックスと呼ばれるものが主流ですが、この着圧ソックスはとても便利なアイテムである一方、購入者が注意すべき点もあります。
例えば、圧力の負荷に注意することです。

着圧ソックスというのは、むくみのある部分に適度な圧力をかけ、それによってむくみを解消するというものです。
しかしこの圧力が強すぎたり本人の体力に合っていないと、かえってストレスになって逆効果になることもあります。
したがって買う前に確認をして、自分の体力に合った圧力のものを購入するようにしましょう。
また、自分の足のサイズに合ったものを購入することも大切です。

もしサイズに合わないものを購入してしまうと、圧力をかけるポイントがずれて、本来圧力をかけたいところに負荷を与えることができなくなります。
これもやはり買う前にちゃんと確認をして、サイズの合った商品を買うようにしなければなりません。

さらに、素材によっては肌に合わないこともあり、そのことが原因で肌トラブルを招く可能性もあります。
よって、素材や肌との相性に確認してから買うようにするといいでしょう。

足を細くする方法

ふくらはぎのむくみ除去に効果的な方法

夏はあまり見かけないようですが、冬は1年で1番むくみを発症しやすい季節です。
むくみの原因は様々です。
心臓の機能の低下や、腎機能の低下などの重篤な病状が原因のこともあります。
足のむくみでは心機能の低下、顔のむくみでは腎機能の低下の場合があります。

しかし、その殆どは軽症であり、下肢の血行不良のせいです。
あるいはリンパ液の流れが悪いことで引き起こされています。

重篤なものは医師の診察が必要ですが、軽いものですかマッサージ等で軽減します。
むくみ除去に必要なのは、流れを良くする事にあります。
リンパ液の流れ場悪い場合は、リンパ節のマッサージが大変有効です。

リンパ節は脇の下、鼠蹊部(足の付け根)、膝窩(膝の裏側)にあります。
足のむくみは主に、膝窩にあるリンパ節の流れの悪さで起こります。
冬は全身の筋肉が硬くなるのです。勿論膝窩の筋肉も硬くなる、その下にあるリンパ節が塞がれやすくなります。
そのため、リンパ液が流れなくなり、ふくらはぎや足首に滞留してむくみを引き起こします。

むくみ除去には、膝窩を良くマッサージリンパ節を開いてリンパ液を流れやすくすることが大事です。
また、寝る時には足を高くして寝るとむくみは取れやすくなります。
足首の下にクッションなどを敷くのも効果的です。

ふくらはぎダイエット

全身におよぶひどいむくみは病気のサイン?

立ち仕事や座りっぱなしの仕事をしていると足がむくんでしまう事があります。
特に女性は筋肉量が少なく冷え症の人も多いので、むくみに悩む人も少なくありません。
足や顔などは特にむくみを感じやすい部位で、マッサージしたり寝ておきると治まるような一過性ものがほとんどです。
血流やリンパ液の流れを阻害しないように、同じ姿勢はさけ座ったままの状態でも足先やふくらはぎを常に動かすように意識することで緩和します。
また冷えも血流を悪くするので体を冷やさないようにします。
しかし、足や顔だけでなく、まぶたや指など全身のいたるところにむくんできたら、それは病気かも知れないので注意が必要です。
ひどいむくみの症状で考えられるものとして腎臓の機能の低下があります。
腎臓の機能が低下すると、体の中に体液が溜まってきます。
その溜まった体液が血管の外にも多くなりむくみが起こってきます。
腎臓は老廃物の排出に関係がありますので、症状はそれ以外にもトイレの回数が増えたり、尿の色に変化がある場合もあります。
腎臓以外でも、心臓や肝臓、橋本病、パセドウ病などもむくみの症状がでることがあります。
通常の一過性のものではないと感じたら病院で診察してもらうことも大切です。

    ふくらはぎむくみ